top of page

学連競技第23-04号【補足】_第21回全日本学生室内アーチェリー個人選手権の監督・コーチ申請について

更新日:2023年2月9日

地区学連 連盟委員長各位
加盟校 代表者各位
全日学連 役員各位
全日本学生アーチェリー連盟
競技部長 小原佳子

1月25日(水) 20時に締め切りました監督・コーチ申請において加盟校より以下の質問が寄せられました。
Q.事前申請において2名の監督・コーチ枠が空いている部門がある。その際に予選敗退した選手が、決勝トーナメント日に監督・コーチとして入ることは可能か。

先日の監督・コーチ申請では「予選敗退した選手が決勝トーナメントで監督・コーチとなる可能性」を想定をした募集を行っておりませんでした。競技部で検討を行った結果、今回は救済措置として上記の理由に限った監督・コーチ追加申請を認めます。

〇条件
・既に1部門内で2名以上の監督・コーチ申請を行っていないこと
例)RC男子2名、RC女子1名の申請をしていた場合はRC女子1名分の申請は可能です。
※添付画像で青色に塗りつぶされている大学・部門が対象となります。
・予選ラウンドで敗退した選手のみ監督・コーチとして入ることが可能である。
230125_監督コーチ申請状況
.pdf
ダウンロード:PDF • 221KB

〇監督・コーチ証の受け取り方法
①下記Googleフォーム(2月11日20時締切)に回答する。
②2月17日(金)決勝トーナメント実施日の会場時に受付で申し出る。
 その場で監督・コーチ証にご自身の名前を記入していただきます。
注)1/25(水)までに申請を頂いた方に関しては、該当する部門の受付時に大学ごとに渡される封筒の中に監督・コーチ証を同封致します。

〇申請フォーム
2023年2月11日(土) 20時 締切
以上

関連記事

すべて表示

学連競技第24-11号_3級公認審判員の申請方法について

地区学生アーチェリー連盟 各位 (一社) 全日本学生アーチェリー連盟 競技部 拝啓 早春の候益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。日頃より本連盟の諸事業に対しまして格別のご理解ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。 この度、3級公認審判の統一書式を作成いたしましたのでご確認ください。 また申請にあたり留意していただきたい点を以下にまとめましたのでご確認ください。 ご理解・ご協力頂けますと幸いです。

Comments


bottom of page