top of page

学連競技第22-01号_2022年度全国審判長会議について

更新日:2022年12月16日

各地区学生アーチェリー連盟 連盟委員長様

各地区学生アーチェリー連盟 競技委員長様


 日ごろより、本連盟の事業には格別のご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 2022年11月12日、13日に公益社団法人全日本アーチェリー連盟主催の全国指導員・審判ルール研修会および地区審判長会議が開催されます。学生連盟を代表し全日学連より役員派遣を行います。

 上記の会議のために、各地区学連の皆様が取り組まれている大会開催の安全に関する取り組みや審判上の疑問点などについて伺えればと考えております。

 以下のアンケートリンクから11月11日(金)までにご提出ください。各地区学連の競技委員長の皆様は必ずご回答ください。また、各地区の学連役員の皆様にも回答をお願いしたく存じます。アンケートリンクを共有して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。


  アンケートリンク

https://forms.gle/xp39PH1c2tzwYCm46


添付資料

1.全国指導者・審判ルール研修会・地区審判長会議の事前調査(依頼)

2.(資料)2022指導者・審判ルール研修会開催要項

2.(資料)2022指導者・審判ルール研修会開催要項
.pdf
Download PDF • 167KB


以上

関連記事

すべて表示

地区学連 連盟委員長各位 加盟校 代表者各位 全日学連 役員各位 全日本学生アーチェリー連盟 競技部長 小原佳子 1月25日(水) 20時に締め切りました監督・コーチ申請において加盟校より以下の質問が寄せられました。 Q.事前申請において2名の監督・コーチ枠が空いている部門がある。その際に予選敗退した選手が、決勝トーナメント日に監督・コーチとして入ることは可能か。 先日の監督・コーチ申請では「予選

2023年1月18日 関係各位 全日本学生アーチェリー連盟 理事長 野村 遥 標記の件につきまして、別紙名簿のとおり決定しましたので連絡します。 関係加盟校の担当者の方は、期日までに所定の手続きを行ってください。 注意 1. 選考決定後の辞退は認められません。 2. 大会開催要項に基づき、コンパウンド部門女子の予選通過人数を2名に変更いたします。 3. 出場選手

エントリー選手各位 加盟校担当者各位 1月15日の20時に件名表記の大会についてエントリーを締切ました。 先ほど、Googleフォームで申請のあった全ての選手に下記のメールアドレスより 申請確認のメールを送付しております。 メールが届かない選手につきましては、1月16日(月)中に全日学連競技部のメールアドレスまでご連絡ください。 どうぞよろしくお願いします。 全日本学生アーチェリー連盟 競技部 担

bottom of page