top of page

学連財務第24-04号_正会員費改定について

正会員各位


拝啓 歳晩の候、益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。平素より、本連盟の活動に対しまして、ご協力を賜り深く感謝申し上げます。さて2023年12月30日に開催された2024年度第2回理事会にて、「会費に関する位置づけの規約」を改正致しました。

改正後の規約全文については学生連盟HPの連盟紹介→連盟規約ページよりご確認ください

敬具


<決定事項>

・正会員費を2024年度より0円とする

 

<理由>

・本連盟を運営するための管理費は、本連盟の競技者登録費などを財源として成り立っている。そのため正会員費として固定費用の徴収で地区学生アーチェリー連盟の負担となることを避けたい。

・正会員費は競技者登録数の規模によって金額を変更できない費用であるため、地区学生アーチェリー連盟の規模の大小によって負担額が異なってしまう。

 

※補足

・2023年度は法人設立1期目であり、事業年度の途中による入会とみなし正会員費は徴収していない

・正会員とは定款第7条(1)①に記載された「各地区において学生アーチェリーを統括する競技団体を

代表する者。」となっている。これは各地区の競技団体が法人格を保有していないために、法人団体として正会員になることが出来ない現状に即して定款を作成しているためである。

このため2022年12月11日実施の設立社員総会において、正会員費の負担は正会員個人(地区学生アーチェリー連盟の連盟委員長)ではなく、地区学生アーチェリー連盟の会計から支出されるべき費用であるという認識を共有している。

・本連盟が加盟している団体の2023年度正会員費は以下の通りである。

(公社)全日本アーチェリー連盟:5万円

(一社)大学スポーツ協会(UNIVAS):10万円

以上


○添付資料

正会員費改正について

正会員費改正について
.pdf
ダウンロード:PDF • 688KB


関連記事

すべて表示

ความคิดเห็น


bottom of page