全日学連こと、全日本学生アーチェリー連盟は、1962年に設立されました。以後学生ア −チェリー界の統括機関として日夜活動を続けています。


1.学連の歴史

2.アーチェリー 界での位置付け

3.主催大会

4.全 日本学生アーチェリー連盟規約(2012年度改正版
)[PDF形式]

5.全日本学生アーチェリー連盟登録細則(2007年度
)[PDF形式]

6.全 日本学生アーチェリー連盟競技規則[PDF形式]


1.学連の歴史

1959 玉川大、東京教育大、日体大、学習院大を中心として日本学生アーチェリー連盟が 結成される。
1960 関西学院大が日本学生アーチェリー連盟に加盟。
  関西学院大、同志社大、立命館大、甲南大、大阪府立大、関西大が関西学生アーチェリー連盟結成準備委員会を開催。
1961 関西学生アーチェリー連盟が結成される。と同時に日本学生アー チェリー連盟は関東学生アーチェリー連盟と改められる。
  関東・関西リーグ戦の優勝校同士で東西王座決定戦が開催される。これは後の王座決定戦の前身となる。
1962 関東・関西学連の上部組織として全日本学生アーチェリー連盟が結成 される。
     初代会長:栗本義彦氏
     副会長:田中良一氏
     委員長:入江隆(学習院大)
     副委員長:山田正隆(甲南大)
  第一回全日本学生アーチェリー王座決定戦及び全日本学生アーチェリー個人選手権大会(インカレ)が開催される。
1963 東西親睦競射会が開催される。これは後の東西対抗戦の前身となる。
1964 中部地区連盟が加盟する。
  第一回全日本学生アーチェリー東西対抗戦が開催される。
1966 全日本アーチェリー連盟が発足。全日学連はその傘下に入る。
  第一回女子団体決勝戦(女子王座決定戦)が開催される。
1967 全日本学生アーチェリー連盟5周年記念レセプションが開催される。
  第一回OB学生対抗戦が開催される。
  九州学生アーチェリー連盟が加盟する。
1968 第一回東西ブロック戦が開催される。
1969 全日本アーチェリー連盟がFITAに正式に加盟する。また、日本体育協会に仮加盟、日本オリンピック委員会に 加盟する。
1970 日本体育協会理事会にて全日本アーチェリー連盟が正式加盟が内定。 また、おなじく同評議会において全日本学生アーチェリー連盟が承認される。
  全日本アーチェリー連盟結成5周年記念、日本体育協会加盟祝賀会が開催される。
1971 インカレ(10回)の競技方法がダブルラウンドとなる。
1975 東北学生アーチェリー連盟が加盟する。
1976 全日本アーチェリー連盟10周年記念レセプションが開催される。
  全日本学生アーチェリー連盟15周年記念式典が開催される。
1977 中国四国学生アーチェリー連盟が加盟する。
1978 長野国体でアーチェリーがデモンストレーションとして参加する。
  北海道学生アーチェリー連盟が加盟する。
1979 男女王座決定戦(男子18回、女子14回大会)の競技方法がシングルラウンドとなる。
1980 栃木国体においてアーチェリーが正式競技種目となる。
1981 全日本学生アーチェリー連盟20周年記念レセプションが開催される。
1983 第一回OG学生アーチェリー対抗戦が開催される。
1984 男女東西対抗戦(第21回大会)の競技方法がシングルラウンドとなる。
  第一回学生フィールド選抜大会が開催される。
1986 全日本学生アーチェリー連盟25周年記念式典が開催される。
  全日本学生アーチェリー連盟の会長に愛知和男氏が承認される。
1988 第一回全日本学生アーチェリーフィールド大会が開催される。
1989 OB学生・OG学生対抗戦(男子23回、女子7回大会)の競技方法がシングルラウンドとなる。
  北信越学生アーチェリー連盟が加盟する。
1990 第一回全日本学生アーチェリー男女東西日本大会が開催される。
1991 全日本学生アーチェリー連盟30周年記念式典が開催される。
  インカレ(30回)の競技方法がグランドラウンドになる。
  第一回A.J.S.A.F CUPが開催される。
1994 インカレ(33回)の競技方法がオリンピックラウンドになる。
1996 インカレフィールド(9回)の競技方法が世界選手権ラウンドになる。
1998 王座関連試合(王座、東西対抗、OB・OG学生対抗)の全面的なルール改正により東西ブ ロック戦がなくなる。
2000 A.J.S.A.F CUPが全ア連公認試合となる。
2001 第1回全日本学生室内アーチェリー選手権大会が開催される。

全日本学生アーチェリー連盟40周年記念式典が開催される。
2004 全日学連主催大会(インカレ)の全種別にコンパウンド部門が加わる。(オープン扱)

インカレインドアのコンパウンド部門競技方法に決勝トーナメントが加わる。

A.J.S.A.F.CUPの競技方法がアカデミックラウンドになる。

インカレフィールドのイリミネーションラウンド進出人数が男子8名から16名へ増加する。
2006 東西・OBOG対抗戦が廃止される。

東西日本の上位入賞者はインカレターゲットへの出場権が得られるようになる。
2011 全日本学生アーチェリー連盟創立50周年記念式典が開催される。
2012 A.J.S.A.F.CUPが廃止される。
2013 男子王座決定戦の開催が50回となる。
2014 個人選手権大会(53回)の競技方法が70mオリンピックラウンドになる。

2.アーチェリー界での位置付け

日本アーチェリー界の組織図は下のようになっています。知っておくと便利です。


3.主催大会

全日本学生アーチェリー連盟が主催する試合は以下の通りです。よく読んで出場し忘れないようにしましょう。

 

リカーブ部門
大会名 日程 出場枠 競技方法 備考
室内アーチェリー選手権大会 2月下旬 男子72人
地区推薦枠:各地区1名
点数選考:64名
女子36人
地区推薦枠:各地区1名
点数選考28名
CP部門
点数選考16名
予選 18mダブル(60射)
予選通過者
男子36名
女子16名
CP4名
決勝 インドア・マッチ・ラウンド
(18・12射マッチトーナメント)
点数選考は、各地区公認インドア大会の18m60射による点数で行う。


2007年より関西開催。
東西日本大会 5月下旬 男子60人
固定地区枠(各地区8名):32名
連盟員比率に応じて配分:28名

女子40人
固定地区枠(各地区5名):20名
連盟員比率に応じて配分:20名
FITAシングルラウンド 地区内での選考方法は自由

東日本は北海道・東北の持ちまわり
西日本は北信越・九州の持ちまわり
男女王座決定戦 6月下旬 男女18チーム
北海道:1 東北:1
関東:5 東海:2
北信越:1 関西:4
中四:2 九州:2
予選
70mWラウンド
決勝
FITA世界選手権トーナメントラウンド
各地区からの選考方法は自由

関東地区の固定開催
2006年より東海地区
男女東西対抗戦 6月下旬
(現在は
未開催)
男子15人
東西日本大会の各地区最高得点者(4人)
東西日本大会の上位11人

女子10人
東西日本大会の各地区最高得点者(4人)
東西日本大会の上位6人
FITAシングルラウンド
男子15名中上位8名の合計
女子10名中上位5名の合計
OB・OG学生対抗戦と同時進行で行う
個人選手権大会(インカレ) 9月上旬 男子72人
地区推薦枠8人地区
個選の点数選考の上位64人

女子36人
地区推薦枠8人
地区個選の点数選考の上位28人
CP男女4人ずつ
予選FITAシングルラウンド
予選通過者:男子32人女子16人

本選70mオリンピックラウンド(18・12射マッチ)
CPは決勝を行わない
2007年より関東開催。
A.J.S.A.F.CUP 10月上旬
(現在は
未開催)
男女16チーム
北海道:1 東北:1
関東:4 東海:2
北信越:1 関西:3
中四:2 九州:2
1チーム3人の団体戦ランキングラウンド(70mダブル)
団体戦アカデミックラウンド(70m)
インカレ最終日から行う
フィールド選手権大会 10月中旬 男子64人
地区枠:各地区1人地区
フィールドの予選マークド12スポットの上位56人

女子32人
地区枠:各地区1人
地区フィールドの予選マークド12スポットの上位24人
FITAフィールド世界選手権ラウンド
1.M12、UM12の計24スポットの合計
2.男子上位16名、女子上位8名によるイリミネーションラウンド
3.男女各4名によるファイナルラウンド(トーナメント)
地区枠の選考方法は各地区自由

中四地区の固定開催

 


戻る